スマホも通話も安い│Y!mobile

スマホも通話も安いウイルコムについてのブログ


2014年8月1日(金)より、「イー・モバイル」および「ウィルコム」のブランド名およびロゴは「Y!mobile」に統一、変更されました。


誰とでも定額や、格安スマホで大手携帯業者とは一線を画すWILLCOM
ウィルコムが目指すのは、スマホの新ジャンルLCCスマホです。

スマホも通話も 安~く繋がりたいネッ!
佐々木希さんや高田純次さん・千原兄弟のTVCMでお馴染みの誰とでも定額
月額980円で、1回あたり10分間以内の通話が固定電話でもIP電話でも
携帯にでも無料
で利用できます。

2013年7月には、「だれスマデビューキャンペーン」として
パケット使い放題で2,980円(期間限定)の格安スマホも新登場!

他社のスマホを比べて、どれくらいの違いがあるか。
各社スマホ料金比較


災害時にも強いWILLCOM
東日本大震災当日、多くの携帯が「しばらくたってからおかけ直し下さい」
というアナウンスだったのに対して、
数多くの基地局を持つWILLCOMは発信規制のかかることが殆ど無かった
そうです。
マスコミなどでも、ウイルコムのPHSは災害時に強いと報道されました。


これは、ウィルコムPHSのシステムが一般的な携帯とは違う
マイクロセル方式」で構築されているからです。
このウィルコム「マイクロセル方式」は、数10m~数100mごとに基地局を
設置しているため、複数の基地局がエリアカバーしています。
1つの基地局で障害が発生したり、利用者が急に増えたりする
通信トラフィックが集中しても、他の基地局でカバーが可能なわけです。


一方一般の携帯で使用しているシステムは、「マクロセル方式」と言って、
1つの基地局で広範囲をカバーしています。
災害時に利用者が急に増え繋がりにくい状態になったのは、
1つの基地局では対応できなかったためとも言われています。
 ⇒ ウィルコムサイトでの解説


実際、東北大震災時に、
  •  外出中地震が発生し、ケータイで会社に連絡を入れたが繋がらなかったが
    ウィルコムでは通じた。

     会社の皆に使わせて家に連絡を入れさせたところ、固定電話なら
    ほぼつながり感謝された。
などのネットに書き込みがありました。

当ブログ・サイトは、日本国内唯一のPHS事業者で、2013年7月1日には更生手続き終結決定を受け、再建を果たしソフトバンクグループの一員として歩んでいるウィルコムについての情報を中心にしています。